マゾヒストからの視点 2012年07月21日
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が牝と化すまで…1

小学四年生の時の私。

ムッチリとしていて身長もこの頃急に伸びはじめて、もともと大人びた顔をしていた私はどうみても小学四年生には見えない早熟な女の子だった。

それでも中身は小学四年生。
まだまだ子供。

近所の友達と近くの役所でかくれんぼをして遊んでいたとき…

役所の管理人さんが現れて
『こっちに隠れるといいよ。』
と笑顔で手招きをしてくれた。

まだ変質者なんてほとんどいなかった時代だったから、私は何も疑う事もなく
ただ、ありがとう♪って素直に思い、ここなら絶対に見つからないかも。
なんてほくそ笑んで言われるままに管理人室に入った。

入ってすぐに管理人さんが鍵をかけたことも全く不信感を抱かなかった。
管理人さんが私を隠してくれているんだと信じていたから。



すると


突然、管理人さんが私の手を掴み引き寄せ抱き締めた。

突然の出来事に私の頭のなかは真っ白になって言葉を失いしばらくは呆然としていたが、
ふと我に帰り突き飛ばそうとしたけど、管理人さんの力は思ったより強くどうすることも出来なくて怖くて怖くて心臓はドキドキと体はガタガタと震えはじめた。

その時、管理人さんに
『大丈夫。いい子にしていればすぐに帰してあげるから。』
『いい子に出来るね?』
と聞かれた私は黙って頷いた。

すると、
管理人さんは私を抱き締めたまま椅子に座り私を膝の上に座らせ、
左手で私の両手を後ろ手に押さえて、
右手でTシャツをまくりあげた。

ほんの少し膨らんだ私の小さな胸が露になった。

まだ小学四年生といってもその行為は恥ずかしくて…
そんな事をしてはいけない事。

だと分かっていただけに恥ずかしくて不安で怖くて逃げ出したかった…
けど、体は全く動かなくてただ管理人さんの手を見ていた。

そんな私を管理人さんは眺めながら少しニヤリと笑って、
机の上にあったクリップを持ち私のほんの少し膨らんだ乳房を挟んだ。

『痛いっ!!!』

私は驚きとあまりの痛さに膝の上から飛び降り、クリップを払いおとし逃げた。

管理人室から出て
『もう止めて帰ろう』
と言った私に友達は、なんか色々言っていたけど、良く覚えてない。

そして、

その日からそこで遊ぶ事は二度となかった。


ただ…

あの時のクリップを挟まれた後の何とも言えない胸の痛みだけは忘れる事は無かった。

いつまでも。。。



スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
プロフィール

咲(サキ)

Author:咲(サキ)
ご主人様に飼われるようになり丸4年。
年齢的に卒業は目前^^;
卒業を前にわたしは今何を思うのか…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

孤独なM

淫らな時間

変態熟女のちょっとおかしな・・・

性欲処理肉便器「澪といふもの」

縄遊び@熊本

*~hiro~*第三章

淫縛と調教の世界

羞恥と苦痛、そして…

縄はM女だけ 鞭は愛情を込めて

XX Envoyer mon amour XX

時と場所を超えて

M女調教の記憶と記録

東北nawaがすき~SM  

ドキドキするような刺激を求めて・・ 

9号

いけない遊び~妻み食い~

黎明のとき

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

パイパン奴隷の野外露出とSM調教
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。